OUR STORY

私たちは心とカラダが癒される場所を創っています

Produce

ベジタリアンフードセラピスト&米国NTI認定栄養士コンサルタントの安藤夏代によるプロデュースで、2017年にオープンしたカフェ。心とカラダを癒やすをテーマに『Holistic Bio
Food(ホリスティックビオフード)』を新しい食スタイルとして提唱している。

Food

完全菜食で、五葷と呼ばれる香りの強い野菜を使わないオリエンタル・ヴィーガン料理。動物性の肉、魚、乳製品、卵はもちろん、白砂糖や蜂蜜、化学調味料なども使わない。可能な限りオーガニック、有機、自然農法の野菜やお米、調味料などを使うようにしている。

Veggy Wayオーナーシェフ安藤 夏代/NATS
ベジタリアン フードセラピスト米国NTI認定栄養コンサルタント/製菓衛生師

幼少の頃から料理やお菓子を作り、振る舞うことが大好き。製菓専門学校卒業後は、母校に就職し、製菓実習助手・クラス担任を務める。ある時、BSEの牛が殺処分される映像を見て、菜食が地球・人間・動植物全てにとって自然なかたちと感じ、それを広めるため独立。しかし、食の情報過多により、何が正しく、何を信じたら良いか分からなくなり困惑する。その後、ホリスティックカレッジ・オブ・ジャパンにて、酵素栄養学をフロントラインとする「人間まるごと考える」ホリスティック栄養学を学ぶ。現在は、菜食で心とカラダをつなぐ『ホリスティックビオフード』を提唱。趣味はオシャレと食べ歩き。

KOJIMA/マスター

昔は甲子園球児、今はソフトクリーム巻きの達人?! Veganと出会い人生が更に豊かになった。

RYOKO/りょうこ

仕事柄、美と身体のためにオーガニック生活を実践中。最近はジムで汗をかくこともお気に入りの過し方。

HANA/ハナ

ベジウェイでSNSを担当。3児の子育てを楽しみながら、得意の中国語も日常生活に活かして心の豊かさも心掛けている。
タイトルとURLをコピーしました